製造現場へ低コストでIoT(モノのインターネット)の導入実例を基にしたセミナーを開催いたします。
東京工業大学 情報理工学院 情報工学系 出口 弘教授による講演と併せて導入事例発表を行います。
事例発表では小型ボードコンピューター「ラズベリーパイ」などを使い、IoTを活用した工場内の導入実例を紹介し、さらに導入を希望される事業所様との個別相談も行います。ぜひご参加下さい。


2月27日・28日の2日間にかけて、当商工会議所主催による視察研修を実施いたしました。今回は当町と同じ人口規模で「公民連携による地域活性化」に成功している和歌山県上富田町及び有田川町を訪問し、地域住民を巻込んだ組織体制、実施事業、施設等について研修し、今後のまちづくりの参考にするという目的でした。当商工会議所会頭をはじめ、青年部、町の職員など12名で行ってまいりました。


8月28日、食祭館にて町内建設業者27社29名と町長をはじめ行政担当者との建設業懇談会を商工会議所主催で開催しました。

当所建設業担当の津村副会頭より、建設業は町のインフラを支える非常に重要な担い手である旨あいさつがあり、また、地域活性化委員会の髙木委員長より、今年度の計画並びに活動・建築なんでも相談の報告、リフォーム助成金等の状況、更に会議所としてその助成金活用を促進するための説明会を今後町民向けに実施したい旨、また下諏訪町移住定住促進室との連携を図っていく旨報告いたしました。


5月23日に、下諏訪町の減災設備・リフォーム補助事業についての説明会が開催され、下諏訪町職員より説明がありました。当会議所会員をはじめ、下諏訪建設労働組合員合計25名が参加しました。

下諏訪町の進める建設関係の補助事業3件について具体的な例を用いて説明がされました。

下記に主なポイントについて記載いたしますが、全て工事・着工前の事前申請が必要となります。詳しい内容については当商工会議所または下諏訪町役場までお気軽にご相談ください。


4月5日に、平成29年度新入社員歓迎大会が開催されました。今年度は、町内14事業所65名の入社があり、10事業所29名が参加しました。

冒頭、当会議所小林会頭より、「この10年で大きく変わった時代、今後も更にスピードを増して変化する時代に負けない適応できる力を身に着けてほしい」と新入社員に向けて激励のことばがありました。
この歓迎大会は下諏訪町・下諏訪町商工会議所・下諏訪労務対策協議会の共催で開催しました。新入社員の方の今後の活躍に一同楽しみにしています。


例年実施しております永年勤続表彰並びに技能者等表彰を今年度も会員事業所の従業員を対象に募集いたします。永年勤続表彰の内申、技能者表彰の受賞者推薦につきましては、下記をご参照いただき申請いただきますようよろしくお願いいたします。


この度、中小企業庁の平成28年度 第2次補正予算として、「小規模事業者持続化補助金」が下諏訪商工会議所を通じて9件が採択されました。
日本商工会議所での申請受付13,855件のなか6,402件が採択(採択率47.2%)であり、当所からは11件の申請のうち9件が採択され、全国平均を大幅に上回る採択率でした。
今後は、申請した経営計画に基づき事業に取組み商工会議所の支援を受けながら12月31日までに完了させて報告書を提出いたします。