消費税の仕入税額控除の方式として、令和5年10月1日から「インボイス制度 (適格請求書等保存方式)」が導入されます。消費税額を正確に把握してミスや不正を防ぐことなどを目的とした新しい制度で、事業者間の取引における請求書等の発行や保存ルールが変わり、経理会計業務に大きな変化が生じます。本セミナーでは、専門家が本制度について解説し、事業者がどう対応するべきか、また取引先との調整等が必要となる場合に備え早めの準備を進められるようアドバイスいたします。


下記をご確認いただき、「参加申込書」にご記入の上、最寄りの諏訪信用金庫本支店窓口にご持参いただくか、FAX (0266-22-0114)にてご送付ください。

<日 時> 令和4年 11月17日(木)15:30 ~17:00 
<場 所> オンライン開催(Cisco Webex Meetings)
<内 容> ①インボイス制度の概要 ②インボイス制度への対応・留意点 課税事業者のケース・免税事業者のケース
<講 師> 関東信越税理士会諏訪支部派遣税理士 長﨑 晃大 氏 
<定 員> 50名(先着順)
<受講料> 無料
<主 催> 諏訪信用金庫・関東信越税理士会諏訪支部
<共 催> 岡谷商工会議所・諏訪商工会議所・茅野商工会議所・下諏訪商工会議所・富士見町商工会・原村商工会
<申込・問合> 諏訪信用金庫 ビジネスサポート部 担当:小松・樋口 TEL:0266-78-8078


ファイルを開く

セミナーチラシ・参加申込書