高齢化社会の福利厚生をバックアップする制度です。



本格的な高齢化社会の到来とともに、企業における福利厚生面の充実がますます求められております。
特に、慶弔関係のニーズは高く、大企業では既に、独自で葬儀共済を実施しており、各種の業界団体や事業協同組合などでも導入を始めています。
中小零細企業は、人数も少なく自前で葬儀共済を実施することは困難です。そこで、カリアックは、こうした現状を踏まえて中小零細企業の経営者やそこに働く従業員の方々の福利厚生を目指した慶弔サービスを全国的に展開しております。

葬儀サービスを中心とした各種サービスが受けられます
この制度は、従業員1人あたり年間わずか3,000円(掛捨て)で、全国の葬祭業者のネットワークによる葬儀サービスを中心とした各種サービスや特典が全国どこでも受けられるものです。しかも、葬儀費用が明確で安く、葬儀の手配や細かい手間もかからず、安心して利用できる制度です。
掛金は加入した事業所が支払えば、損金算入できるメリットがあるほか、事業所負担の掛金を従業員と双方で負担することができるなど、導入しやすい制度になっております。


>>詳しくはこちら


ファイルイメージ