会社の倒産理由の第一位は、「販売の不振」で全体の68%を締めています。販売不振になると、思うように売上を得られず、経費を削減し、競争力も低下し、その結果売上が下がるという悪循環に陥ります。事業継続のシンプルな解は、売上を上げ続けることに尽きます。当セミナーでは、「10年先も成長を続けるために必要な5つのこと」をワークを交えながら学習します。


下記の添付資料をご確認いただき、2月13日(月)までにお申込ください。※どなたでも受講可能ですので、お気軽にお越しください。


<開催日時> 平成29年2月16日(木)14:00~16:00
<場 所> 下諏訪商工会議所
<受 講 料> 無料
<講 師> 高島稔氏(高島稔中小企業診断士事務所)
<主 催> 諏訪経営安定特別相談室
<お問合せ> TEL:27-8533


講師よりメッセージ

私は、独立前家業である、創業100年を超える老舗の紙製品メーカーに勤務しておりました。
創業一族であり、形式上取締役でありながら、最末端の社員として勤務しておりました。経営陣が財務諸表を前に、いくら年度の予算会議を繰り返したところで、「人」と「組織」が機能しなければ、半期ごとに下方修正するために作っているにすぎません。
当セミナーで、私が会社経営陣と従業員の両方の経験で気づいたこと、クライアント様と接することで気づいた成長する会社の共通点を、事例やワークを交えお伝えいたします。


セミナー内容

  1. 倒産に至るメカニズムを知ること
  2. 財務諸表で経営者が最低限気をつけなくてはならないこと
  3. 有能な社員が辞めない会社をつくること
  4. マーケティングを重視すること
  5. ブランド化を図ること

ファイルイメージ

チラシ