大変厳しい経済環境のもと、会議所の役割と自分の責任の重さをしっかり認識し、力の限り会議所の皆様と共に考え、共に行動をして行きたいと思っています。
会頭就任にあたり抱負を考えてみましたが、具体的な施策は皆様方のご意見ご協力をいただきながら考えてまいりたいと思っています。

ポイント4点があります。


  1. 会議所として当然ですが町の商工業の活力アップと地域の活性化のための活動を内外の意見、アドバイスを幅広く取り込んで進める。
  2. 従前以上に町との連携を密にし、また強力にして会員企業や地域の抱える問題について、単なる要望でなく政策提言にまで落とし込んで会議所としてやっていくことが出来ればと考えています。
  3. 会議所の事業運営について中・長期のビジョンと具体的な事業計画を立案し進めていきたい。
  4. 本州唯一の町にある会議所として下諏訪商工会議所が存続し、活発な活動ができるよう組織のあり方、体制、施策を検討していきたい。

下諏訪商工会議所会頭 小林秀年


以上4点を柱にしていきたいと思っています。
会員のための会員のためになる会議所、そして地域のためになくてはならない会議所、そんな会議所像を改めて追いかけ、実現のために行動に移していきたい。これから3年間しっかりと務めさせていただきます。会員の皆様のご協力とご支援、関係機関皆様方のご協力を節にお願い申し上げます。


行動目標


会員の立場に立った、会員のための、会員に頼りにされる会議所活動を通じて、町の産業の活性化と誰もが自慢できる街づくりを、町や関係諸団体に具体的に提言し、連携をして行っていく。
そしてその活動は、明るく、楽しい、夢のある活動であることを目指していく。


具体的活動指針

  1. 会員の立場や視点に立ったサービス向上(ニーズ、要望、不満の解決)
  2. ビジョンと目標を明確にした会議所活動(中期・短期計画の立案)
    ※優先順位をつけた活動の計画と実施
  3. 行政に具体的な政策提言できるパートナーとなる
    ※行政との密度の高い連携
  4. 会員のところに出向く会議所活動(攻めの活動)
  5. 会員交流事業の拡大(研修旅行、リクリエーション 他)
  6. 効率的な会議所内業務の運営(情報の共有化、業務の多能工化、他)
  7. 町内、町外の諸団体との連携事業の実施(諏訪圏域の会議所、他)
  8. 会議所諸活動のPR強化(HP、発行物、他)
  9. 広域合併の推進
  10. その他


2017年4月1日
下諏訪商工会議所 会頭 小林 秀年


会議所ご案内 一覧