昨年度商工会議所では会員事業所存続のため、町内でできるだけお金を廻すこと、少ない費用でより効果の上がる施策を念頭に、町と協力しながらコロナ禍経済対策の支援・救済事業を切れ目なく実施してきました。今年度も昨年効果のあった支援策については町と連携して強力に継続し、町内の状況を見ながら効果的な施策を検討実施していきたいと思っています。

アフターコロナを鑑み、会員企業のDX化の促進、生産性向上支援、事業承継に伴う継承者マッチングや教育・育成等を積極的に行い、会員企業の減少に歯止めをかけて会員拡大にも力を入れたいと思っています。

また、昨年度策定した「下諏訪商工会議所中期商工業振興ビジョン」を重点事業項目として下記5項目の事業を実施していきます。

  1. 下諏訪駅を核としたまちづくり(四角八丁)
  2. 事業継承への取り組み強化
  3. 起業・創業希望者への支援
  4. 地域資源の再整理・開発・プロモーション
  5. イベント企画による賑わい創出

下諏訪商工会議所会頭 小林秀年


上記項目は相互に関係しており、商工会議所として早急に手を付けなければならない産業振興と地域の活性化のための不可欠な事業であると認識しています。今年度は3年間計画の初年度として、若者の起業・創業を一気通貫でサポートする仕組みづくりに力を入れる所存です。

商工会議所はこれからもさらに会員の皆様に信頼され、頼りにされる存在であり続けなければ存在意義はないと考えています。会員事業者の皆様の声をしっかりと聞きながら、町と強力に連携を取り事業を進めていきたいので、皆様方の一層のご理解とご支援を賜りたいと思います。


下諏訪商工会議所会頭 小林 秀年
(令和4年度事業活動方針)